江戸小紋の着物作家・小宮康助とは

Posted by in 着物について

江戸小紋の人間国宝作家・小宮康助氏とは

こんにちは。椿の着物ブログです。

着物、特に江戸小紋が好きな方で、小宮一族の名を知らない方はいないのではないでしょうか。

今回は江戸小紋の人間国宝、小宮一族の初代「小宮康助」氏をご紹介いたします。

小宮康助氏は、明治時代から昭和にかけて活躍した江戸小紋作家で、江戸小紋の中でも”型染め”の技術を担当しておられました。

江戸小紋は伊勢型紙作家と型染作家がいて生まれる着物ですが、その内の型染めを担当していた作家さんですね。

(他にも、壁紙の和紙を作る作家さん、型紙を彫るための刃物を作る作家さんなどがおり、沢山の人の仕事で江戸小紋が作られているのです。すごいお話です。)

小宮康助氏は1882年に生まれ、1961年に亡くなった作家さんですので、着物作品はかなり昔の品になりますね。

もう一部の美術館等にしか残っていないのではないでしょうか?

私も、小宮康助氏本人作の着物は見たことがありません。

 

小宮康助氏と”江戸小紋”の関係

小宮康助氏以前の江戸小紋は、自然染料を用いるのが一般的で、

小宮康助氏は江戸小紋の染めに化学染料を用い、しごきという新たな染色方法を編み出した作家さんです。

1955年に、江戸小紋において人間国宝を受けました。

 

さて、江戸小紋は分業制のため「型紙作家」そして「染色家」がいないと成り立ちません。

この人間国宝認定の際、「人間国宝の認定は、壁紙作家にやってくれ」といった話が有名らしく、ご本人の人柄をよく反映されたエピソードだなぁと思いました。

 

「江戸小紋」との呼び名は、実は昔からあったものではなく、小宮康助氏の人間国宝認定時につけられた名称です。

他の小紋と区別するために「江戸小紋」と名付けたとされています。

ちなみに小宮康助氏ご本人も東京生まれで、江戸っ子気質を受け継ぎ、ちゃきちゃきした性格であったそうです。

 

小宮康助と小宮一族

さて、小宮康助氏の巧みな技術は、後継者に受け継がれ、現在に至っています。

まず有名なのは、小宮康助氏の息子さんの「小宮康孝」氏。

小宮康孝氏も1978年に人間国宝の認定を受け、親子二代で人間国宝作家になりました。

さらに三代目、小宮康助氏の孫・小宮康孝氏の息子にあたる「小宮康正」氏。

さらにさらに、4代目となる「小宮康義」氏も江戸小紋に取り組んでおられます。

さて、2代目小宮康義氏が、4代目小宮康義氏に向けての言葉。

いくら良い型紙を作ってもらっても、我々が少しでも気を緩め、妥協した仕事をすれば、型紙の職人さんの努力も無駄になります。

多くの人の協力があって、初めて私達が江戸小紋職人として成り立つのです。

この言葉は、江戸小紋だけでなく、私たちの生活にも当てはまる言葉だと思います。

少し仕事で嫌なことがあって落ち込んでいましたが、この言葉を胸に私も頑張ろうと思いました。

 

出典元:http://www.athome-tobira.jp/story/029-komiya-yasuyoshi.html